トップ

川口市立南鳩ヶ谷小学校硬筆課題

南小学校は今年の硬筆展課題とは違う独自の硬筆課題を書いております。

1年、2年、4年、5年の課題は保護者様よりお知らせありましたので、お手本は書き配布しております。

3年、6年がまだ分かっておりません。お知らせ頂ければお手本書きますのでご連絡宜しくお願いします。

学校内だけの大会ですが、全力でいきましょう!

私は金賞いらない!と言う生徒が稀におりますが、いらないではなく、そもそも選考にすら入れていないです。とはっきり本人には伝えます。勝負の世界は厳しいです。

あの中学校に入りたい!受験します!で勉強しない子はいないと思います。必死に勉強しますよね。でも書道展で代表になりたい!賞を取りたい!と言うけれども大して練習しない…必死で練習しているのはほんの一部。こんな甘い世界にいる中でやらない選択肢は無いと思います。ちょっとやればある程度いけてしまう。それが川口市の現状です。

話は戻り、

課題を独自のものを書かせるのは良いのですが、5年生の手本?は手を抜きすぎておりビックリでした。パソコンで打ったものを手本にしていたのです。流石に可哀想…他学年は手書なのに…独自のやるならしっかりやって欲しいです!やれないのであれば他の学校みたく硬筆展課題で良いです。

私の母校でもありますからしっかりして欲しいです!

第69回 千葉県小・中・高校席書大会

第69回 千葉県小・中・高校席書大会にて中学2年亀田悠愛が千葉県教育長賞を頂きました。

おめでとうございます!各学年で賞があるわけではなく、中学生全体で2番目の賞ですので中3年とも戦うため狭き門です。素晴らしい!おめでとうございます。

 

作品批評

穂先が利き線が強く、余白も美しい。

 

喜びの言葉

沢山練習をし、何度も試行錯誤した結果が実ったのか、このような素晴らしい賞をいただけて光栄です。

 

大御所作品展示中!

超大御所仮名作家の作品2点を新しく展示しております。

教室の壁面はとんでもないことになっております。毎日その先生方の作品を前にお稽古するのも背筋が伸びます。まだまだまだまだ未熟だなと…未熟すぎるなぁと。

教室に展示しておりますので興味のある生徒は覗いてください。

第37回 産経国際書展 入賞

第37回 産経国際書展にて戸田カルチャーの生徒さんが漢字部門にて初出品、初入選いたしました。

全紙縦5行行草にて挑戦し、墨色にも大変拘り何分擦った墨に水を何ccと挑戦したりと、展覧会活動でしか味わえない有意義な時間だったと思います。

おめでとうございます。

 

背中に魂を込めて渾身の一筆!

松尾書道教室の中2男子生徒が大活躍!

部活でチームメイトが着るTシャツへの筆耕依頼をされたようです。

これは腕の見せどころですよね。芸術書道を中学1年からやらせている我が教室は強いです。知事賞を硬筆展、書き初め展で受賞していても書けない人が殆どです。

求められるのは味のある書体。注文される内容に即した字、また見てそれを感じさせる。これが絶対です。

出来上がりを拝見しましたが、ビックリさせられました。素晴らしいです。これを着て部活に打ち込める戦士達が羨ましいです。