緊急事態宣言の延長を受け松尾書道教室の対応について

安倍晋三首相は30日夜、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発令している緊急事態宣言について「5月7日からかつての日常に戻ることは困難と考える。ある程度の持久戦は覚悟しなければならない」と述べ、期間を延長する方針を示した。それにより埼玉県は28日、第13回新型コロナウイルス対策本部会議を開き、県立学校の休校を5月31日まで延長し、授業時間確保のため夏休みを短縮することなどを決めた。小中学校を所管する市町村教育委員会や私立学校にも同様の対応を取るよう要請した。

この対応に松尾書道教室も全クラス5月31日まで休講を延期することに決めました。
各自課題を自宅にて進めてください。

5月6日 10時~12時
に課題を本部教室にて配布します。
必要な生徒は感染予防策をして来てください。(数分の対応)
事前にご連絡いただけると助かります。

家族で練習!

埼玉県は5月31日まで学校の休校が延長になりました。松尾書道教室も休講を延長する事に決めました。この事に関しては改めて掲載します。

お休みの間、いかがお過ごしでしょうか。本年度の硬筆展が中止になる可能性が出てきました。その中20人程度の生徒より添削が届いております。この記事を観て、慌てて一、二枚書いて持ってきても字見れば分かります。それだけはやめてください。ある程度、慣れてきた作品を見せてください。

保護者様への注意です。腕を組んで「ここが違う!なんで出来ないの!手本見てんの?…」とはしないであげてください。生徒の取り組んでいる課題は大変難しく、また松尾書道教室の技はより高度で繊細です。やってみると分かります。

私が保護者様と自宅練習について話をする時はこれをお勧めしております。子どもと一緒の課題を書いてみる!絶対必要です。これをすると指導が変わります。「ここはママも出来ない!ここの部分は多分こう書いてる!ママ下手だなぁ(パパ)書いてみたら救いようがないぐらいパパが下手。」とか目線が一緒になる指導は指導されている方は気分を悪くしません。

是非、やってみてください。

 

JA書道展に向けて練習開始!

*妻より削除要請があればこの画像は消します。

緊急事態宣言を受け松尾書道教室の対応について

松尾書道教室生徒の皆様へ

松尾書道教室
代表 松尾 健太

緊急事態宣言を受け松尾書道教室の対応について

安倍晋三首相は7日夕、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令する。緊急事態が宣言されると、対象地域の都道府県知事は、期間や区域を定めて、住民に仕事や通院、食料品の買い出しなどを除く外出の自粛を要請できるほか、学校、百貨店、映画館などの使用、イベント開催の制限・停止を要請・指示できる。ただ、大半は強制力がなく、首相は「宣言を出しても海外のような都市の封鎖(ロックダウン)を行うことはしない」と説明している。これを受け、以下のように対応することを決定しましたのでお知らせいたします。
松尾書道教室では、4月15日(水)から5月6日(水)まで授業の休講を決定いたしました。
今後、社会情勢を踏まえながら、休講期間の変更をはじめ、授業の日程について見直す場合もございます。あらかじめご承知ください。
今後のお知らせはホームページ、教室前掲示板にて掲載いたしますので、そちらにてご確認宜しく願いします。
休講分の振替授業は、行わずにお月謝にて調節させていただきます。
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

以上

休みの間どうしてますか?

教室は再開しておりますが、自粛して休んでいる生徒はどうしてますか。
自宅で練習してますか?
本来通う時間帯は自宅で練習にあててください。
「教室に行けないから前回の硬筆課題を練習して」の一言を言ってあげてください。

習い事を複数している家庭が多く、普段は「時間がない!」と言っております。
今は時間が有り余っているのではないでしょうか?
この時期におそらく「時間がない!」という生徒はいないと思います。
やってる生徒は既にやっております。持ってきた作品を添削しております。
意識の低い中で時間過ごしていると学校と違い、塾はどんどん周りに置いて行かれてしまいます。
この休みを使って上手くなっちゃいましょう!
また書道だけでなく他の習い事の練習も進めて休み前よりスキルアップしちゃいましょう!
動画見たりゲームしたり、安倍マスク2枚を家族で誰がするか考えるより絶対良いと思います!

頑張れ!

松尾書道教室では授業の全面再開のお知らせ*一部クラスを除く

松尾書道教室
代表 松尾健太

松尾書道教室では、新型コロナウイルス感染拡大のリスクを避けるため、3月2日(月)より全校で授業を休講してまいりました。これは、専門家会議や首相の言を受けたもので、短期間の感染者急増に伴う医療崩壊(武漢やイタリア北部のような)を防ぎ、カーブを低くてなだらかなものにすることへの協力でした。
まだまだ未知数ではありますが、イタリアなどの数値の肥大化と比べると、国を挙げてのカーブ低減化は、明らかに一定の成果を上げた状態です。
学校を休校にしながら、より感染確率の高い室内学童が開催されるなど、迷走しながらも懸命に、社会全体が不安の中で生きています。
松尾書道教室では、換気・接触に対して最高度に気をつけた教室運営は今後可能である、と考え、3月16日(月)より授業を再開しております。
保護者の皆さまにもご理解とご協力を賜り、一致団結しこの国難に立ち向かいたいと存じます。
なお、今後の社会情勢を踏まえながら、授業の日程について見直す場合もございます。あらかじめご承知ください。その際には、松尾書道教室のホームページまたは一斉メールにてお知らせいたします。
松尾書道教室会員保護者の皆さまのご理解とご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

以上

新クラスのお知らせ

4月から本部教室にて火曜日クラスがオープン
5月から本部教室にて金曜日朝クラスがオープン

新規の生徒募集中です。

宜しくいお願いします!

松尾書道教室 授業再開に向けてのお知らせとお願い

保護者各位

松尾書道教室
代表 松尾健太

松尾書道教室 授業再開に向けてのお知らせとお願い

松尾書道教室では、3月16日(月)からの授業再開(※)に向けて、情報を収集し対策を講じております。
現時点では、新型コロナウイルスへの感染は飛沫感染と接触感染によると考えられることから、再開する場合には下記の対策を行うとともに、生徒の皆さまにもご協力を賜りたくお願い申し上げます。
※ 火曜鳩ヶ谷駅教室、金曜八柱市民センター教室は3月の会場利用が停止になっておりますので4月から授業再開予定です。

 

【対策】
・講師の体調確認を行います。
授業当日に37.5℃以上の熱、倦怠感、咳のある際は休講にします。
・マスクを常時着用いたします。
・授業開始前に、教室内にいる全員の手洗いを行います。
・席配置は、可能な限り距離を取り、向かい合うことのないよう工夫します。
・席を指定し、極力他者との接触がないよう努めます。
・クラスの入れ替え時に、可能な限り換気を行います。また、除菌消毒を行います(机、ドアノブ等)。
・友人間での貸し借りを行いません。
・鉛筆削り等、備品の貸出しも行いません。

【保護者の皆さまへのお願い】
・ご自宅を出る前にお子さまならびに送迎者の検温をお願いします。
37.5℃以上の熱、その他風邪のような症状がある場合は欠席をお願いします。
・極力マスクの着用をお願いします。手作りマスクでも結構です。
・ハンカチとティッシュを必ずご持参ください。
・友人間での貸し借りも行わないようお子さまにお伝えください。
・鉛筆削り等、備品の貸出しも行いません。十分な筆記用具のご準備をお願いします。
・授業中にお子さまが体調不良を訴えた場合、お迎えを要請します。緊急連絡先には出られるようにしておいていただくと同時に速やかなお迎えをお願いします。
・お迎え時、保護者の皆さまの間も十分な距離を取り、お子さまをお待ちください。お子さまが教室から出てきましたら速やかなご帰宅をお願いします。
・授業出席後、新型コロナウイルス感染疑いもしくは感染者との濃厚接触が考えらえる場合は、速やかにしかるべき機関に届け出を行っていただくと同時に松尾までご一報ください。

以上

【重要なお知らせ】政府発表 全国の小・中学校、高校の臨時休校を受け 松尾書道教室の対応について

保護者各位

松尾書道教室
代表 松尾健太

政府発表 全国の小・中学校、高校の臨時休校を受け 松尾書道教室の対応について

2月27日(木)の国の発表からもご承知のことと存じますが、3月2日(月)から全国の小・中学校、高校を臨時休校とする措置がとられます。これを受け、以下のように対応することを決定しましたのでお知らせいたします。

松尾書道教室では、3月2日(月)から3月15日(日)までに予定されていた授業の休講を決定いたしました。
新型コロナウイルス感染拡大のリスクを避けるため、ここ1、2週間が極めて重要な時期となるという国の方針に則り、上記期間を定めました。今後、社会情勢を踏まえながら、休講期間の変更をはじめ、授業の日程について見直す場合もございます。あらかじめご承知ください。

休講分の振替授業は、行わずに3月分のお月謝にて調節させていただきます。

何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

以上