松尾書道教室の授業方針について(緊急事態宣言を受けて)

塾生保護者各位

平素より格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

1月7日、政府から首都圏1都3県に向けて緊急事態宣言が発出されました。

現時点における今回の宣言は、2020年の4月に発出されたものとは異なり、その対象範囲は限定的なもので、学校への一斉休校措置等は講じられておりません。

松尾書道教室では、6月の対面授業再開以降、少人数クラス編成・ジアイーノ導入・換気(換気扇増)・消毒・マスク着用等、感染症対策を徹底し、結果として半年以上にわたり、「感染ゼロ」を実現してまいりました。今後も、学校への一斉休校措置等が講じられない限り、この対策をより徹底し、引き続き教室での対面授業を開催いたします。

なお、変異したウイルスによる感染拡大など状況に変化があり、緊急事態宣言の対象に教育機関が含まれ、各自治体により学校の一斉休校措置が講じられた場合、対象となる都府県におきましては、松尾書道教室も速やかに通信授業・添削などの何らかの指導方法に移行する予定でおります。その際には改めて、一斉メールにて対応の詳細をご案内差し上げます。

まだまだ収束の兆しが見えませんが、引き続き塾生の皆さまとともに一丸となってこの局面を乗り越えていく所存でございます。

本年も松尾書道教室を何卒よろしくお願い申し上げます。

松尾書道教室
松尾健太

代表より新年のご挨拶

2021(令和3)年を迎えました。

コロナウイルスが収束するどころか拡大し続けている中、
スタートを切ったのが2021年です。

厳しい日々がまだ続くかもしれませんが
塾生の皆様がこれからも安心して通っていただけるよう
またいつまでも松尾書道教室が存続していけるよう
環境を整えていきますので、宜しくお願い致します。

令和2年度 啓発書道作品コンクール 結果

硬筆・毛筆にて挑戦致しました。
続々と良いお知らせを頂いており相当数入選していると思います。
おめでとうございます。

周りとは同じ事をさせないという少し冒険(勝負)に出たところもありますが、良い結果に結びつき良かったです。
新しい表現方法で来年も今年以上に飛躍したいと思います。

 

展示日程
令和3年1月中旬予定

場所
川口総合文化センター・リリア3階ギャラリー

第15回 埼玉県書作家連盟展 結果

今年は全員の出場は叶いませんでしたが、半数以上が出品致しました。

埼玉県教育長賞県議長賞 1名
埼玉県教育長賞 1名
所沢市教育長賞 1名
所沢市議会議長 1名
さいたま市議長 1名
入間市教育長賞 1名
入間市議会議長 1名
読売新聞社賞 1名
朝日新聞社賞 1名
会長賞 2名
審査員特別賞 1名
あかしや賞 1名
特選賞 60名
優秀賞 25名
入選賞 22名

の受賞でした!
おめでとうございました!!

新聞紙の時代は終わりました!

書き初め用作品ばさみのご注文が予想以上にあり頑張って作ります。

あくまでも渡すものはノーマル品ですので各自でカスタマイズお願いします。
・手本が挟める
・縫い目を強化
・複数購入でページ数増
などいろいろ考えてお子様が使い易いようにしてあげてください。

乾いていなくても全く平気。シワも出来ずに保管ができます。

新聞を取っている家庭が減少する中でありますから新聞紙の時代は終わりました!

川口市立南鳩ヶ谷小学校硬筆課題

南小学校は今年の硬筆展課題とは違う独自の硬筆課題を書いております。

全学年のお手本は書き配布しております。

学校内だけの大会ですが、全力でいきましょう!

私は金賞いらない!と言う生徒が稀におりますが、いらないではなく、そもそも選考にすら入れていないです。とはっきり本人には伝えます。勝負の世界は厳しいです。

あの中学校に入りたい!受験します!で勉強しない子はいないと思います。必死に勉強しますよね。でも書道展で代表になりたい!賞を取りたい!と言うけれども大して練習しない…必死で練習しているのはほんの一部。こんな甘い世界にいる中でやらない選択肢は無いと思います。ちょっとやればある程度いけてしまう。それが川口市の現状です。

話は戻り、

課題を独自のものを書かせるのは良いのですが、56年生の手本は手を抜きすぎており驚きました。パソコンで打ったものを手本にしてしまうのは・・・流石に可哀想!他学年は手書なのに・・・独自のやるならしっかりやって欲しいです!やれないのであれば他の学校のように埼玉県硬筆展課題で良いです。

私の母校でもありますからしっかりして欲しいです!

第69回 千葉県小・中・高校席書大会

第69回 千葉県小・中・高校席書大会にて中学2年亀田悠愛が千葉県教育長賞を頂きました。

おめでとうございます!各学年で賞があるわけではなく、中学生全体で2番目の賞ですので中3年とも戦うため狭き門です。素晴らしい!おめでとうございます。

 

作品批評

穂先が利き線が強く、余白も美しい。

 

喜びの言葉

沢山練習をし、何度も試行錯誤した結果が実ったのか、このような素晴らしい賞をいただけて光栄です。